読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




意外に白熱して面白かった「将棋対囲碁」。

将棋 雑記 棋士

ニコニコ超会議2、超囲碁・超将棋ブースの2日目は

  • ザブングル加藤歩さんvs.佐藤紳哉六段の6枚落ち+目隠し対局
  • 囲碁vs.将棋 プロ棋士による7番対決 瀬戸大樹七段vs.中村太地六段

の二本柱だったのですが、ちら見していた程度でしたが
これが思いのほか面白かったです。
最後のほうは見入ってしまった。
初日がちょっとgdgdだったというのもあったかもですがー


加藤歩-佐藤紳哉戦は、紳哉さんの滑り芸から始まり
会場は予想通りの空気(冷気)となったのですが
対局なかなりの熱戦となり、下手の巧みな歩打ちもあって
上手玉に必至がかかる。で、下手玉を詰ましにかかる中で
紳哉さんが(大人げない)技を放って即詰みに打ち取り勝利。
加藤さんの「くやしいです」を聞くことができました。

f:id:nisin:20130428214504j:plain

シュールな絵だな・・・。
青鬼のお面(とふさふさな帽子)をかぶっているのが佐藤六段。
解説の中村六段と聞き手の貞升南女流初段も
事前に棋王戦中継で組んだのが奏功したのか
丁寧かつ分かりやすい進行でした。

続いて、瀬戸七段と中村六段の7番勝負。

オセロ、ジェンガ、アヴァロン、
スリーカラー20、ドメモ、Eカード、将棋対囲碁で対決だったのですが
要約すると、3勝3敗で「将棋対囲碁」の決戦に。
(とくにアヴァロンの中村六段、Eカードの瀬戸七段がかっこよかった)

で、時間が押す中で迎えた将棋対囲碁。

まあ、元ネタはミリオン動画ですよ。

その結果は、タイムシフトを見てもらうとして。

f:id:nisin:20130428220815j:plain

(よく見ればネタバレていますか?)

やっぱりその道のプロが取り組むと
面白いことになるんだなあ、と感じた一連の対局でした。
また別の機会にやってほしいと思います。
欲を言えば、将棋対囲碁でもう少し時間があればよかったかな?と。
ジェンガとドメモで時間を結構つかっちゃいましたしね。

コメントにもありましたが囲碁と将棋の棋士で
人狼をやってもらいたいです。



◆ 蛇足

中村太地六段と言えば、


勝又六段のツイートがわかりやすすぎる。

ちなみに、前も書きましたが

将棋世界 2012年 07月号 [雑誌]

将棋世界 2012年 07月号 [雑誌]

表紙ってこれですね。

瀬戸七段は

f:id:nisin:20130428221721j:plain

市原隼人系のイケメンさんでした。
これを機に応援しようっと。