読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




第68期名人戦 A級順位戦 最終局。

将棋 群馬 順位戦

きのう代表戦があったので書けなかったのですが、
3月2日は名人戦の挑戦者と降級者の決まる
「将棋界の一番長い日」でした。

ってことで、久しぶりに夜更かしをしてしまった。
でもまだ、アイスホッケーの決勝もみてないー。

開戦前の個人的興味と言えば、
三浦弘行八段の名人戦挑戦と、藤井猛九段の残留争い。
なぜって、二人とも群馬出身だからさ


結論からいうと、三浦八段は難解な局面の末に
郷田九段に勝利して、初めての名人戦挑戦権を獲得。

藤井九段は、終盤大優勢とされたものの
カメラがパンした間に(どういうわけか)形勢が変わってた。

結局、「あ、勝ちました」をくらって負けてしまったわけですが
井上八段が敗れたため、降級をまぬがれました。

個人的には、いい結果だったわけですが
しかし昨年8位の三浦さんが勝ち抜けた一方、
佐藤康光九段が最終局を待たずに降級が決まるなど
今年も波乱の展開となりました。

来年は、A級に渡辺竜王が上がってきますし
さらに激戦の予感。

その前に三浦八段には名人戦が控えます。
相手は羽生名人。
こりゃもう七冠崩しの再現を期待せざるをえない。

名人戦七番勝負は、4月8日から開始します。