読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




2016年4月「将棋クラスタが選ぶ月間名局賞」結果発表。

思いつきで始まった「ツイッターつかって月間名局大賞を選ぼう企画」。

告知もなく、また短い期間でしたが、
500票を超える投票をいただき、ありがとうございました。

以下、結果と各推薦コメントなどについて
この場をお借りして、取り上げさせていただきたいと思います。

また、月間名局賞に関する紹介については、
前エントリも参照していただければ幸いです。

続きを読む

2016年4月「将棋クラスタが選ぶ月間名局賞」はじめました。

ツイッターつかって月間名局大賞を選ぼう企画をやっております
(5/8 00:50現在、投票は5/8 23:59まで)
※ 投票は終了しました。ありがとうございました。


始めた理由は、将棋における名局賞や熱局評価について

「年度初めの対局って不利すぎねえ?」

というシンプルな想いからで、
できれば月間で振り返ることでおもしろかった対局を
掘り起こすというか、改めて評価しなおすことにつながればいいかなと
思ったからなんですが、これ、やってみると、ことのほか面白い。

間もなく投票は終わってしまうのですが、
是非出来る限り多くの人に参加していただきたい、
ということで、今回、月神局の投票対象になっている
月間名局賞となった4局について、
この場を借りて簡単に紹介したいと思います。

なお、紹介順は推薦上位の4局について、
勝手に抽選した順となっております。

続きを読む

第73期名人戦第4局 羽生善治名人-行方尚史八段 片隅にそっと歩を置く。

将棋 名人戦

名人戦は既に終わってしまいましたが、
激戦の記録として「残しておきたい」、と思ったので。

羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期将棋名人戦は第4局。
これまで後手番をそれぞれが制して羽生2勝、行方1勝で本局。

先手番で羽生名人が突き放すのか。
それとも後手番シリーズの流れを受け、行方八段が追いつくか。

f:id:nisin:20150613210238p:plain

対局は5/20~5/21、静岡市浮月楼」。
第4局は「将棋の純文学」と称される矢倉定跡形に。

凄まじい将棋でした。

続きを読む

第73期名人戦第3局 行方尚史八段-羽生善治名人 先よりも疾き後。

将棋 名人戦

羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期名人戦は第3局。

第1局を羽生名人が、第2局を行方八段が、
それぞれ後手番で勝ったことで、
この第3局がシリーズ全体の方向をきめそうな雰囲気。

f:id:nisin:20150509121353p:plain

対局は5/7~5/8、島根県松江市「松江歴史館」。
力勝負だった第1局、第2局から
第3局は角換わり腰掛銀定跡形の最先端へ。

その未知の領域で、それぞれの研ぎ澄まされた感性が
静かに、深く、衝突しつつ、新たな地平を拓く。

熱戦となりました。

続きを読む

第86期棋聖戦挑決 豊島将之七段-佐藤天彦八段 頂点への渇望。

将棋 棋聖戦

はてな記法忘れた(あいさつ)

お久しぶりです。また時間があるときに
ぽつぽつと書いていければと思います(書くとは言ってない)

f:id:nisin:20150502112903p:plain

羽生棋聖への挑戦者を決定する第86期棋聖戦挑戦者決定戦は、
20代の棋士同士による対決。豊島七段と佐藤天八段となりました。
豊島七段が勝つと昨期王座戦以来3度目の、
天彦八段が勝つと初のタイトル挑戦となります。

棋士番号1番ちがいの、東西の若き精鋭による決戦。
お互いの意地とプライドが激突した熱戦となりました。

続きを読む