読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




火器管制レーダー。

雑記

戦端云々というより、自分が知らないから問うのですが
どこからが防衛上反撃が認められる段階なんでしょうか。

レーダー照射は攻撃とみなさない、
艦船への直接砲火は攻撃とみなし、防衛上の措置をとる。
それはまあ、そうだろうなと思いますが
レーダー照射の上、砲口を向けた段階では?

撃たなければ犠牲が出る可能性がある。
けれど、相手が撃ってこない可能性もある。
こういう場合の「防衛」について、
どういう立場なのか、法律で決まっているはずだろうけれど
そういうことについて私は何も知らない。


「偶発的」衝突を避けるためにも
いかなる場合で防衛行動をとれるのか、とれないのか、の
線引きは認識していなければならない、と思いますが
そういうことを考えること自体が
遠ざけられてきた気がします。

発想自体が戦争につながる危険な道だ、と。

それって、「なんとか神話」と同じような
神話体系なんじゃないんだろうか。

起こらないから考えなくていい、というのではなく
現実に起こった場合にはどう判断するのか。
どういう場合に許容され得るのか。

例えば南極海では、
捕鯨船がランチャーで瓶を飛ばされて
負傷者が出ていても、まともに反撃できません。

「防衛」の意味について
本当に考えるべき時期に来ているのかな、と感じます。
煽るとかそういうことじゃなく。