読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




A級順位戦 挑戦権も降級も「一番長い日」に。

将棋 順位戦

とりいそぎ、って時間じゃないですがとりいそぎ。


というわけで、▲羽生三冠−△渡辺竜王は
なんと羽生三冠が終盤にうっちゃって羽生勝ち。
これで羽生三冠が7勝1敗、渡辺竜王が5勝3敗となり
渡辺竜王の挑戦権獲得の道は閉ざされました。

この段階で▲三浦八段−△深浦九段戦で三浦八段が敗れると
羽生三冠の挑戦が決まったのですが
▲三浦八段が対深浦連敗を12で止めて勝利。
挑戦権争いに踏みとどまりました。


残留争いは、谷川九段−橋本八段は橋本勝ち、
郷田棋王−高橋九段は郷田勝ち。
で、降級も最終節まで決まらず。

まとめると


最終戦は羽生−橋本、三浦−高橋と
挑戦と残留がクロスするすごい展開。

詳細は仕事から帰ってきたら棋譜をみてみます。