読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




「一番長い日」に続く道。

将棋 順位戦

「SHERLOCK」第1シーズンやってたんすか。
まじかよNHK。

「将棋界の一番長い日」として知られる
A級順位戦の最終局、今年はスカパーで
完全放送するって話なのですが。

その前に、今週金曜日、2/1には大一番が控えています。
「一番長い日」に続く、A級順位戦第8局。


まずは星取表

なんといっても羽生三冠(6-1)と渡辺竜王(5-2)戦。
第21期竜王戦第4局の8九飛とか、
第60期王座戦第4局の6六銀とか、
歴史と記憶に残る棋譜を作ってきたプラチナカード。
勝った方が挑戦権を得るような気もします。
先手番は羽生。この対戦では最近は
先手勝ちが続いているそうなのですが
竜王は傍から見ても絶好調だし
羽生さんのA級順位戦の連勝も止まったことだし、
もしかしたらもしかするかも。

挑戦権争いと降格争いの思惑が交差する
三浦八段(5-2)と深浦九段(3-4)戦も注目。
順位のあやで残留と降級とを分けてきた二人の対戦でもある。
私は群馬在住なので同郷の三浦八段を持ちますぜ。

降級関連では、谷川(2-5)・橋本(1-6)戦が大一番。
谷川新会長は、最終局が先手屋敷なんですよね。むー。

そんなわけで、第8局も中継してくんないかな。
今からわくわくしております。