読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




第71期A級順位戦 三浦−羽生戦の終盤がすごいとネット上で話題に。

将棋 群馬 順位戦

*もしかして: 第72期順位戦3回戦 三浦-羽生 △8六飛

というステマ。(あいさつ)
いまさら言ってみたくなっただけというね。

先日のA級順位戦7回戦▲三浦八段−△羽生三冠戦、
結果しか書きませんでしたが、素晴らしい熱戦だったということで、
改めて棋譜を並べてみたのですが、
なんというか、本当にすごかった。



それがこの局面。

▽羽生 歩3

▲三浦 歩8 香 飛

後手番。
9筋に香車を背に玉が向き合うすごい状況。
ツイートのとおり、後手は9五に歩を打てば詰みですが
それは「打ち歩詰め」の反則となるので打てません。

8六金と引く手は、同玉とかわした手が
香車の道を開ける逆王手となり後手負け。

本譜のように8二に玉を動かすしかありませんが
移動中合いの9四銀が唯一の先手勝ち。
(▲8五玉で寄らず、
 後手は▲7一飛成からの詰めろが受からない )

まで、155手で先手勝ち。

【投了図】
▽羽生 歩3

▲三浦 歩8 香 飛

投了図がまた、美しい。

三浦八段は、相性もあるのかもですが
過去10年で(15連敗を含み)2勝しかできていませんでした。
しかも羽生三冠自身がA級順位戦で21連勝中と、
正直、途中で心が折れてもおかしくない状況だったはずでず。

それでもただひたすら最善手にこだわって
粘りに粘り切り、最後は勝ち切った。

対戦成績が悪くても、ひたむきに戦えば
こんなに素晴らしい棋譜を残すことができるんだ。

なにかいろいろくじけそうになったら、
この棋譜を思い出そうと思います。