読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




第61期王座戦第1局 中村太地六段-羽生善治王座 飛竜迎撃の地対空。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【第4局】【第5局】
       【挑戦者決定戦】

第61期王座戦は9/4、仙台にて開幕。
通算20期を誇る羽生王座に、2度目のタイトル戦登場となる中村六段が挑戦します。

f:id:nisin:20130905220156j:plain

羽生王座は、保有する棋聖・王位を危なげなく防衛し、
勢いをつけて王座戦防衛に臨みます。
一方、昨年の棋聖戦に続き、羽生王座とタイトルを争う中村六段は
未だ対羽生戦に勝ち星がなく、まずは1勝を挙げることが目標。

そんな第1局は(控室も右往左往の)大熱戦となりました。


棋譜中継】(特設サイト

振り駒はと金が5枚でて、先手中村六段、後手羽生王座。
王座戦は持ち時間各5時間。対局場は仙台市・仙台ロイヤルパークホテル。

f:id:nisin:20130905221929g:plain

角換わりの出だしから、後手の羽生王座が趣向の一手、△9四歩。
先の王位戦第5局で、後手の行方八段が指した手を、
今度は羽生王座が採用する。
その時は、一手損角換わりとなり、
難解なねじりあいの末に先手勝ち。羽生王位が防衛を果たした。

余談ですが、羽生王座は昨年の王座戦でも
直前の王位戦で藤井九段が採用していた角交換四間飛車を採用し、
(一部で)大騒ぎとなりました。

ともかく、ここは先手が再度方針を問われる場面。
手得とみてそのまま角換わりに進むか、あるいは矢倉を目指すか。
それとも9筋を受けて相手に手を渡すか。
(コメには「試される太地」連打)
先の王位戦、それから本譜では、▲9六歩と受けて後手に手を渡した。
後手としては一手損角換わり、または横歩取りなどが選べるところ。
羽生王座の選択は。

f:id:nisin:20130905223602g:plain

本譜は一手損角換わり。先の王位戦第5局と同じ進行となった。
その時は後手腰掛銀に対し、先手は早繰り銀をみせつつ棒銀に構えた。
ただ、本譜では先手があえて別の道を選ぶ。

f:id:nisin:20130905223752g:plain

後手は腰掛銀。

角換わりは右銀の使い方で作戦が変わる。
正調角換わりでも一手損でも、後手は腰掛銀に構えるのが常道。
もちろん、例外もあるけれど。
一方、一手損の先手は、手得を生かして
早繰り銀または棒銀とするのが有力とされている。

が本譜では、先手は右銀を保留。かわりに1筋を突き越し、
3七桂と跳ねて桂馬の「跳び蹴り」(佐藤康光九段)を狙う。
この動きに、後手は△3一玉として「やってこい」と誘い、
先手から▲3五歩と仕掛けた場面が上図。

控室では、先手の攻めに付き合うと、

① 後手の陣形が乱れて角打ちに弱くなる
② それを阻止しようとすると銀桂交換となり後手に駒損が生じる

ため先手がよくなるのでは、と言われていた。

f:id:nisin:20130905224445g:plain

しかし、羽生王座は△3五同歩と先手の仕掛けに応じ、
②の銀桂交換のルートに進む。なるほど、手が進んでみると
この角打ちが切り返しで1九の香が取れる計算。
後手は馬を作ったうえで駒割りは銀と桂香の交換となる。

後手は腰かけていた銀がさばけた形となっているのに対し、
保留した先手の右銀はいまだ自陣に留まっている。
中村六段はこのあたりから連続長考、時間を先に消費する展開。
この後も難解な中盤戦が続くが、気づけば先手の仕掛けをやり過ごした
後手の方が指しやすそうな局面になっている。

f:id:nisin:20130905224916g:plain

が、この玉の早逃げでまた少し景色が変わる。
今度は先手が後手の攻めを誘った形だ。
後手は馬と桂香で攻撃を組み立てるが、自然に進めば
先手の飛車を捕獲できるものの、先手玉は比較的安全となり
かわりに桂香を入手して後手陣への攻めが視界に入る。先手も指せそう。

f:id:nisin:20130905225528g:plain

先手には飛車取りがかかっているが、
自陣にこもっていた右銀を攻防の馬にぶつけて悪くない活用。
控室の副立会人・佐藤康光九段は、一本道のこの先の展開では
「後手自信ないなあ」と発言している。

f:id:nisin:20130905225852g:plain

その一本道の果ての局面で夕食休憩に入る。
駒割りは後手の香得だが、後手は飛車が9筋に閉じ込められている。
控室では後手の飛車を小駒で取る展開になるとみて
先手よしの声が多くなっていたそうだ。

ただ、対局後の感想コメント等を見ると
羽生王座のみならず中村六段にしても
「形勢は思わしくない」とみていたふしがある。
それがためか、中村六段は受けに回る展開を選び、
それが控室の混乱を一段と強める結果となったようだ。

f:id:nisin:20130905230331g:plain

夕休明け、先手は飛車ではなく桂香を狙う。
飛車を逃がしても、駒を補充して
攻防の主戦場となる右辺に投資したい、ということか。
9九香と取れれば、後手の端攻めを大幅に緩和し
自玉も安全になるという読みだったのかもしれない。

これに対し羽生王座はすかさず△9六歩と、
飛車を自由にする歩の進撃、中村六段は▲9八歩打とこれを受けた。
これには控室騒然。

「ええっ! 受けたんですか。歩切れになってしまいますよ。▲8一馬は感心しましたが、太地先生これはいい手なんですか? 先手持ちでしたが、にわかに自信がなくなってきました」(佐藤九段)
歩切れになったため、△1五竜から△1九竜が受けにくくなっている。
(75手目棋譜コメント)

先手歩切れとなったため、中空で行き場のなかった竜に活が入る。
△1九竜まで入れれば、先手の守備のかなめとなっている
4九の金が受けにくい。そしてここから先、終局に至るまで
この4九の地点をどう制し、あるいは守るのかが大きなポイントとなった。

f:id:nisin:20130906222556g:plain

押し込められていた9筋の飛車が復活、五段目の両側に飛竜が構える。
先手は▲4六角で△1九竜とされるのを防いでいるが
もう1枚の飛車が2五→2九と入れば4九の金を狙える。
控室では「大変」「先手自信なし」と評価が再び後手に寄る。

しかし、後述するが、対局後に羽生王座が一番悔やんでいたのは
この辺りだったようだ。
先手は歩がなくて苦しいと思っていたが、それでも予定の進行。
一方、後手は飛車が自由を得て視界が開けたようだったが
苦しくなっていたという。

f:id:nisin:20130906223447g:plain

そして、焦点の局面。
後手は2枚の竜で4九の金を狙い、先手はそれを阻止する攻防。
先手は歩切れのため、9一で取った香を即3九に打ちつけて
竜の肘鉄を防ぐと、次にその香を3三に疾らせて王手をかけつつ銀を入手、
それを▲3八銀と竜にぶつけて守るという、
自転車操業のような指し回しで一見厳しい。

厳しいが、それは後手も同じで、ここで有効な攻めが見えない。
△5六香と勝負したい場面だが、香が動くと8一の馬の利きが通るため
攻め合いになった時に攻防に利く2枚の角を相手にせねばならず、指しづらい。

結果として△3七歩として4九の地点に圧力をかける方針を貫徹したが
これは歩切れの相手に歩を渡す攻め。
先手は歩が入ると底歩が利いて、簡単には崩れない形になる。

f:id:nisin:20130906224524g:plain

後手は△6一角打と、徹底して4九を狙うが
先手は桂で合い駒して徹底防戦。バリケードを築く。
(コメントでウォールタイチって出てましたね)
そしてこの桂が最後に決め手となって現れることになる。

この先、後手は△2六歩打からと金の攻めを狙うが、間に合うかどうか。
一方、それを見た先手は▲6三馬から先攻、寄せを狙う。
ここから約50手の苛烈な終盤戦に突入する。

99手目▲6三馬で残り時間は中村30分、羽生26分。
気が付けば残り時間が逆転。控室も先手よしに何度目かの逆転。

f:id:nisin:20130906230315g:plain

白熱する一方の盤上。
控室は終局間際とみていたが、受けて立つのは羽生王座。
なかなか決め手を与えない。この△4四角は攻防の一手。
先手が少しでも緩手を放てば、先手玉も危機に陥る。

f:id:nisin:20130906230723g:plain

しかし、次手が羽生王座をして「この手が冷静でしたね」と言わしめた金打ち。
△9九角成とされても、この金で角を取ってしまえば
▲7七角で封じられるという。

f:id:nisin:20130906230903g:plain

さらに、ニコ生解説の浦野八段に「ひょへー」と言わせた金頭の飛車。

なんと金頭の飛車。△同金▲同金となれば取られそうな金が助かる。控室で「やばいよ、やばいよ」の声。誰がどうやばいのか、せめて主語をいただきたい。
(129手目棋譜コメント)

もはや控室は何が何やらといった感じに。

f:id:nisin:20130906232004g:plain

受けにやむなく打ったはずの桂までが跳ねて決めにかかる。
熱戦にさわやかな涼風、終戦を思わせる雰囲気に。

f:id:nisin:20130906232249g:plain

そしてこれが投了図。
浦野八段によると、投了図以下、▲2三香成に△同玉は▲2四飛、
△同歩は▲2二飛まで。△3四角で桂をはずせますが、▲同金で受けなし。
また△5九飛の王手は▲8八玉で先手玉に詰みがなく投了もやむなし、だそうです。


後手の趣向に序盤から先手が仕掛けて激しい展開となりましたが
100手を超えても戦いは終わることなく。
その凄まじい盤面を制したのは中村六段でした。

最終盤の段階で、後手にさらに粘る手はあったようですが
その時には羽生王座は時間を先に使う展開となっており、
実際には難しかったようです。

それ以前の段階で言うと、ネット等では、

f:id:nisin:20130906223447g:plain

この△3七歩が疑問だったのではないか、などと言われていました。

f:id:nisin:20130906234634j:plain

が、羽生王座に言わせると、この段階ではもう後手に有効な攻め手がなく
別の手でも形勢がよくなったかというと、先は長い、とのこと。

羽生王座が気にしていたのは、それより前の展開。

f:id:nisin:20130906235008g:plain

先に「両側の飛竜」と紹介した78手目の2手前、
この一見自然な△1五竜が悪手だったといいます。
後手は1九竜と入りたいのだけれど、▲4六角を打たれて防がれる。
よって、9筋の飛車を持ち出して2枚の攻めにしたのだけれど
その飛車を転回するまでに、先手に手を尽くされてしまい
結局4九の地点を制することができずに終わってしまった。

仮に△2五竜として竜1枚で△2九竜と入っていれば
9筋に端攻めを残したままで、
もっと早い攻めをすることができた、とのことです。

ただ、あの瞬間は控室でも
「飛車復活!後手も復活!」的なノリだったので
その時点で「悪い手だった」と思うのは難しかったかもしれません。

ということは、それ以上に中村六段の
あえて飛車を離して右辺での迎撃に誘導する方針が上回っていた、
ということなんでしょう。

f:id:nisin:20130906235918j:plain

中盤でも玉を早逃げして受けて立ったり、
駒がぶつかる場面でもどんどん別の駒をぶつけて行ったりと
粘る手が印象的でした。
そしてあえて飛車2枚を相手にして角2枚で渡り合った。

王座戦挑決トーナメントでは、羽生世代を相手に
粘ったうえで角打ちなどからの攻めでリズムを作り、勝ってきました。
それが羽生王座相手にも出せた1局ということになるのでしょう。

羽生王座に対しても、タイトル戦という意味でも、これが初勝利。
しかし、この勝利はただの1勝にとどまらないかもしれません。


第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【第4局】【第5局】
       【挑戦者決定戦】