読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




夏大’13決勝 前橋育英-延岡学園 不敗の夏。

帰り道に高校の野球グラウンドがあって
夏場に歩いていると、もうキラッキラしている。
なんかよくわからないけれど
まぶしくて、「うわあ」ってなって、
愚痴りながら練習を見ているおっさんたちも
どことなく楽しそうに見えたりする。

いろいろいろいろあるけれど、
この国にある野球への想いってやつは、本物だとおもう。

県内では、横浜高校に勝ったころから
「下手したらサッカー部より先に全国制覇?」
とかいう挨拶があったんですが、
もちろんただのあいさつだったわけで。

f:id:nisin:20130822213708j:plain

マジだったわけで。すごいな、すごい。
特に守備、ぱねえ。
雨が降らずに、跳ねまくる内野を。
あんなにもかっこよく守れるとか、ないわー。


f:id:nisin:20130822215320j:plain

私は野球に限らず、
ホームチームは在住していた群馬と北海道とか言っているのですけれど。
で、夏大では、群馬では桐生一が、北海道では駒大苫小牧が、
優勝していたのですが、いずれも私が逆の時に、
いわゆるアウェーの時に優勝していて。

今回初めて、ケンミンとして
不敗の夏を経験できた。

ありがとうとか、感動した、とかじゃなくて
楽しくて、まぶしかった。

甲子園の先に、秋があるのだと知っていても
しばらくはその光が、どこかに残ってくれることを
ささやかに願って。

たぶんまだ、暑い暑いとか、言うんだろうけれど。