読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




東アジアカップ2013 日本代表-韓国代表 ひとこと。

蹴球 代表

アジアカップ2013【vs.豪州】【vs.韓国】

アジアカップ最終戦は日韓戦。
日本代表は中国戦と同じメンバーが先発。

f:id:nisin:20130728213109j:plain
やっぱこの写真でしょ。

前半、柿谷がカウンターから抜け出したところを
落ち着いて決めて先制しましたが、
ほとんどの時間で韓国に押し込まれ、
2ラインが機能せずにセカンドボールを
バシバシ拾われる流れで失点。

日韓戦のいつもの風景だなあ。


後半は、左サイドバックに入っていた槙野に代えて
徳永を投入(右に徳永、左に駒野に変更)、
これで若干安定しましたが基本構造は変わらず。

しかし、日本は特に何度もとられたコーナーキックでは
ほとんど完全に抑え込み、なんとかしのぐと
ロスタイムにやはりカウンターから原口が抜け出してシュート。
これははじかれるが、リフレクションに
またも柿谷がきれいに逆を突いてゴールをとって勝ち越し。
柿谷の2ゴールで勝ち切りました。

日本の内容は、特に守備面では散々ないわれようですが、
まあある程度仕方がない部分もあり。

韓国の日本対策というのは各年代でほぼ統一されていて
サイドに圧力をかけて奥をとり、
跳ね返りからマンマークでみる(厳密には違うけど)というもの。
実際にこれをやられると、日本はあんまり分がよくない。
繋げといわれても、バックサードからゾーンじゃないから
人が開かないのよ。スローインで難儀していたのはそのせいでもある。
(逆にサイドが完全に勝っていれば
前の札幌開催ではないですが、圧倒できる。)

もっとも、それをやってくるのは
いろんな事情により韓国だけなので
あまり気にしなくてもいいと思っています。

それでも、A代表としては、韓国に90分では連勝かな?
ゲーム内容はともかく、日本の場合は今回、
おそらく勝つにはこれしかなかった。
それをしっかりできているというのは大きな収穫かなあと。

少なくとも、柿谷が代表でしっかり結果を残したということで
いずれこの大会が振りかえられる時が来るかもしれませんね。

というか、U-17も韓国開催でしたし、何かしら縁があるんだなー。

アジアカップ2013【vs.豪州】【vs.韓国】