読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




第62回NHK杯 森内名人-藤井九段を振り返る。

次のエントリの準備として。


伝説のランチコース定跡。指し過ぎ。

先日の名人戦第四局(初日2日目)を見て、
1月に行われたNHK杯戦を振り返ってみたくなりましたので、いまさら。

この対戦では、森内名人先手で千日手となり
先後入れ替えて指し直し局で藤井矢倉。
森内名人が勝ちました。

まあ、詳しいことは次のエントリに書こうと思うのですが
第4局で森内名人がしようとしていたことのエッセンスは、
実はこの2つの対局にすでに現れていたというお話です。

千日手

▲森内名人が3手目▲2五歩で形を決め、
角交換四間に組ませづらくするも
△藤井九段はかまわず角交換四間。
後手の手損が目立ち、KK4のいいところが
あまり出せませんでしたが
先手が決め損ねて千日手に。

指し直し局

▲藤井九段が藤井流早囲いの矢倉戦。
先手が作戦勝ちを築きますが、中盤で形勢を損ね、
後手が急所の八筋を突いて逆転。


これを見るに、
第4局の影の主役は藤井九段であったといわざるを得ない。

や、大盤解説会では真の主役だったようですが。
それと、あじあじまじ妖精。


◆ 蛇足

ニコ生王将戦解説の時の
藤井システム語りがアップされてますねー。