読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




こんにゃく理論の行き先。

雑記 群馬

最近聞いた奇妙な話。

群馬は全国有数のこんにゃくの産地ですが、
TPP参加に反対しています。
こんにゃくに高い関税がかかっているからで
JA群馬中央会などはTPP参加によって関税が取っ払われた場合、
こんにゃく農家は壊滅的な打撃を受ける、としています。

ところが、TPP参加国で現在、
コンニャクイモを輸出している国はないそうです。

JAの言い分によると、

「TPP発効後、関税が撤廃された
 コンニャクイモの生産と輸出を図る国が出ないとも限らない。
 むしろねらい目となる可能性が高い」

だから反対だと。

ちなみに、「TPPは影響しない」と断言していた
キャベツ農家の地元、嬬恋村のJAもTPPには反対しています。

なぜ?

「TPPでコメがダメになった農家が
 キャベツを作って競争が激化するから」

だそうです。へえ。