読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




黒バス風に清武のニュル・ファーストゴール。

「知らないのか?「キセキの世代」って、
 2010年セレッソ大阪のことさ。」

「なん・・・だと・・・?」(あいさつ)

しばしどうでもいい茶番におつきあいください。
だが、断る。

モブ「清武にパスが通った!」
ガヤ「さあ、今度は何をする?」

清武「三人!?・・・上等!」

モブ「そのまま突っ込むだと?」
ガヤ「無茶だ!」

DF・A「調子に乗るんじゃねえぇぇ!」

清武「くっ!」

モブ「かわした!?あのタックルを!」

DF・A「だがバランスは崩した!」
DF・B「(取れる!)」

清武「!」

DF・B「なに!?」
DF・A「あの体勢から・・・切り返すだと!?」

ガヤ「一瞬でDF2人を抜き去った!」

DF・C「なめるなあぁぁ!」
GK「(止める!)」

清武「そのシュート、消えるよ」

テニヌじゃねーか!
っていうかテニヌじゃねーか!

ってことですみませんすみません黒バスの24Q見たばっかだったんです。
それから清武のゴール、マジ(゜Д゜)だったんです。
そんな少年ジャンプ式逐次解説が当てはまってしまうほどに
ほんとすげえゴールだったと思ったんです。

つーかサムライというより
もうニンジャ認定でいいんじゃないかな。

とんでもねえものをみたというか
かわした後、バランスを崩しているのに
なんで頭を下げたままで
切り返して一番いいスペースにボールを出せたんでしょう。

しかも最後のシュートもキーパーから見て
ディフェンダーをブラインドにできるポイントでけりこんで
完全に逆をついていた。しかもDFの出した足の下を抜くという。
キーパーにしてみれば消えたように
見えたでしょうね。しらんけど。

ボールを受けてからゴールまで
どこまでが狙ったプレーで、
どこまでが偶然だったのだろう。

ファインゴールは時として
守備陣も共犯なのではないかと思うくらい
吸い込まれていくように結論に導かれていきます。

清武のそれは、そういう奇跡的な何かを含んだ
ファンタジックなゴールだったと思います。