読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




フィギュアスケート・女子シングル/フリー。

観戦

濃密すぎる240秒。
その時間、職場は当然業務中。
でも、みんなやっぱりみたい。

なので、音を消して、固唾をのんで
みんなで見てました。僕は正視できなかった。

音のないフィギュアスケートは、
なんだか想像以上に圧倒的でした。

音がなくても、あるいは、ないからこそ、かな?
感じられた「質感」の違いみたいなもの。

に、なんか打ちのめされた気がしました。いい意味で。

音楽の重要性が語られるフィギュアですが、
音がなくても「伝わる」美しさ、を
追及している選手たちの「叫び」みたいなものを
聞いた気がした。


結果には、ため息ひとつ。

でも、わりと前向きな気持ちで。
漫然とテレビ見てる場合じゃねえぞ。
くやし涙を流せるくらい、がんばった人が
いるんじゃねーかよ。

仕事頑張ろう、と。

素直にそう思いました。