読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




第61期王座戦第5局 羽生善治王座-中村太地六段 最後の花火。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】 【第4局】【第5局】【挑戦者決定戦】ごくごくかいつまんで。ちゃんとしたのは水曜日あたりに。 (と思っていたんですが、飲み会が入ってしまったのでどうなるかしら)第61期王座戦は、10/21、第5局。決着局…

なぜか朝日新聞夕刊に「第61期王座戦」の記事が載ってた。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【第4局】【挑戦者決定戦】この時点ですでに名シリーズと言われている第61期王座戦は 明日、10/21が決着局・第5局。ここまで2勝2敗1千日手。 ニコニコPVにある「歴史のない、未来はない。」にふさわしい …

第61期王座戦第4局 中村太地六段-羽生善治王座 「打ち歩」の閃光、その先の光。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【第4局】【挑戦者決定戦】第61期王座戦は、10/8に第4局を迎えました。 挑戦者中村太地六段の2勝1敗で迎えた本局では 羽生王座がフルセットに持ち込むか、はたまた新王座が誕生するか、 が、かかっていた対…

王座戦第4局の「後手玉の軌跡」がはんぱない。

伝説級の熱戦が続いている今期王座戦ですが、 第4局の感想をまとめる前にひとつ。指し直し局の後手玉の動きがすごい。 画像は関係ないけど、なんかニコ生が随分ISDさん推しだったので。 ちょうど動きのある絵だったので、 羽生先生も、相当対局中に目ま…

第61期王座戦第3局 中村太地六段-羽生善治王座 キンモクセイの咲く頃。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【挑戦者決定戦】花言葉は「謙虚」。第61期王座戦五番勝負は、 ここまでともに先手番を勝って1勝1敗。どちらも大熱戦でした。 3勝先取なので、本局を勝ったほうが タイトル防衛または奪取に王手となります。…

「藤井研と羽生王座と、ネットワークの表象」からみた王座戦。

先日行われた王座戦第3局では、 羽生王座の44手目△3七角が成立するかが一つの焦点でした。中村太地六段は、前例1局のこの手を受けて 銀桂交換の後、昼食休憩までの1時間48分を使って熟考。棋譜コメにあるように 「△3七角の将棋は中村さんはあまり考えて…

第61期王座戦第2局 羽生善治王座-中村太地六段 泥の中の蓮。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【挑戦者決定戦】泥にまみれろよ。(あいさつ)9/18、第2局が行われた第61期王座戦。 9時開始の対局は、途中大差で終了するのでは、と思われていましたが 結果、王座戦史上最長手数の203手にも及ぶ死闘となり…

第61期王座戦第1局 中村太地六段-羽生善治王座 飛竜迎撃の地対空。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【挑戦者決定戦】第61期王座戦は9/4、仙台にて開幕。 通算20期を誇る羽生王座に、2度目のタイトル戦登場となる中村六段が挑戦します。羽生王座は、保有する棋聖・王位を危なげなく防衛し、 勢いをつけて王座戦…

第61期王座戦挑決 中村太地六段-郷田真隆九段 夏の日の花火に似て。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【挑戦者決定戦】7/22は羽生王座への挑戦権をかけて争われる 第61期王座戦挑戦者決定戦。 今年の勝ち上がりは郷田真隆九段と中村太地六段。中村六段は、準決勝で森内名人を下して 昨年に続いての挑決進出。 昨年…

第61期王座戦挑決T準決勝 森内俊之名人-中村太地六段 対称世界の塹壕戦。

昨日のA級久保-佐藤康戦といい、 こんなに毎日白熱して面白くて、 ばちがあたんないんだろうかとか思っちゃう今日この頃ですが やはり今日の対局も大熱戦でした。王座戦挑戦者決定トーナメントの準決勝はこれが第2局。 森内俊之名人と中村太地六段との対…

第61期王座戦挑決T準決勝 郷田真隆九段-渡辺明竜王 小技を断ち切る一瞬の銀。

羽生王座への挑戦権をかけた決定トーナメントは準決勝。 2局のうち、最初に組まれたのは 棋聖戦挑決でもみられた郷田-渡辺戦。このカードは最近では竜王が3連勝中。 先手を引いた郷田九段はここで一太刀入れたいところ。横歩で進行した本局は、 中盤まで…

森内名人「△3七銀のかわし方を教えるよー。」

今日は第72期順位戦開幕局、 B級1組の1回戦が組まれているのですが 携帯中継されている▲豊島-△藤井戦が カメラの故障だそうで、リアルタイム中継になっていません。 現局面位はアップしようかと思いましたが、 素直に明日を待とうと思います。さて、昨日…

羽生善治「銀が俺にもっと輝けと囁いている。」

という名の、「羽生の銀」2012年度まとめ。(なんなの)羽生三冠は「好きな駒は」と問われ、 即答で「銀ですね」とおっしゃる正真正銘の銀将厨ですが。すでに伝説となっているNHK杯の 加藤一二三九段戦 ▲5二銀 中川大輔七段戦 ▲2二銀 など、実際に数あ…