二森日和。

将棋をみた感想。たまにサッカー。ごくまれに雑談。




第7期加古川青流戦 竹内雄悟四段-藤井聡太四段 一分の攻防、一筋の途。

「物語を疑え、そして紡げ」(あいさつ)若き棋士たちによる早指し棋戦、 加古川青流戦トーナメントの開幕局は、 藤井聡太四段の登場により、 これまでにない注目をあつめることになりました。四段昇段後、公式戦で負けがない藤井聡太四段。 その連勝数は、…

2016年4月「将棋クラスタが選ぶ月間名局賞」結果発表。

思いつきで始まった「ツイッターつかって月間名局大賞を選ぼう企画」。#将棋クラスタが選ぶ月間名局賞 #4月結果がでました。最終的に514票もの投票をいただき、ありがとうございました!#shogi pic.twitter.com/3vyDOmN1ig— 谷川二森 (@twinforest) May 8, 2…

2016年4月「将棋クラスタが選ぶ月間名局賞」はじめました。

ツイッターつかって月間名局大賞を選ぼう企画をやっております (5/8 00:50現在、投票は5/8 23:59まで) ※ 投票は終了しました。ありがとうございました。 #将棋クラスタが選ぶ月間名局賞 #4月上記タグで推薦の多かった上位4局を月間名局賞とし、さらにその…

第73期名人戦第4局 羽生善治名人-行方尚史八段 片隅にそっと歩を置く。

名人戦は既に終わってしまいましたが、 激戦の記録として「残しておきたい」、と思ったので。羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期将棋名人戦は第4局。 これまで後手番をそれぞれが制して羽生2勝、行方1勝で本局。先手番で羽生名人が突き放すのか。 そ…

第73期名人戦第3局 行方尚史八段-羽生善治名人 先よりも疾き後。

羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期名人戦は第3局。第1局を羽生名人が、第2局を行方八段が、 それぞれ後手番で勝ったことで、 この第3局がシリーズ全体の方向をきめそうな雰囲気。対局は5/7~5/8、島根県松江市「松江歴史館」。 力勝負だった第1局…

第86期棋聖戦挑決 豊島将之七段-佐藤天彦八段 頂点への渇望。

はてな記法忘れた(あいさつ)お久しぶりです。また時間があるときに ぽつぽつと書いていければと思います(書くとは言ってない)羽生棋聖への挑戦者を決定する第86期棋聖戦挑戦者決定戦は、 20代の棋士同士による対決。豊島七段と佐藤天八段となりました。 …

しばらく更新をお休みします。

まだ横歩もとってねえのに(あいさつ)電王戦は進行中、名人戦も始まろうというこの時期なのですが、 はてしない年度末進行により、いろいろ余裕がないようです。 いろいろ書きたいものはあるのですが、 かけていないもどかしさが続いています。そんなことも…

第3回電王戦第1局 菅井竜也五段-習甦 プレビュー。

明日から第3回将棋電王戦が始まります。 第1局は菅井竜也五段-習甦、場所は有明コロシアム。 先後は事前決定で、菅井五段の先手番です。画像のように強気な発言でも知られ、 「振り飛車宣言」をしている菅井五段がまずどこに振るのか。 前回唯一プロ棋士…

第72期A級順位戦最終局・第15譜 将棋界の一番ねむい日。

第72期A級順位戦の日程はすべて終了。 挑戦は羽生善治三冠、降級は屋敷伸之九段、谷川浩司九段。来期はB1から昇級の広瀬八段、阿久津八段を加えて行われます。 最終結果 【A級順位戦9回戦結果】 09行方尚史(6勝3敗) ○-● 05屋敷伸之(3勝6敗)横…

第72期A級順位戦最終局・第14譜 三浦九段、死闘を制す。

最後まで残っていた1局、 三浦-久保戦は、2時を超えて終局。手数は271手までのび、三浦九段が死闘を制しました。 「これが順位戦」という、凄まじい将棋でした...。全ての関係者の方々、視聴者の方々、お疲れ様でした。

第72期A級順位戦最終局・第13譜 相入玉?

0130の局面。お互いに決め手を欠いたまま、手は230手を突破。 ここにきて相入玉の可能性までささやかれました。 まだ終わる気配が見えません。

第72期A級順位戦最終局・第12譜 200手!

攻守交代して三浦九段が攻めています。敗けたら降級と思っている。命を削った死闘。 詰むや詰まざるや。大将棋は200手を超えました。

第72期A級順位戦最終局・第11譜 180手を超える激戦。

必死の食らいつきが実り、久保九段が逆転したといわれています。 詰ましにいきますが、しかしまだ詰みは見えず。一分将棋のデッドヒートは、 180手を超えてもまだ勝負の趨勢が見えていません。

第72期A級順位戦最終局・第10譜 最後の1局。

日付が変わって0:00頃の局面。 残るは1局、▲三浦九段-△久保九段だけになりました。 ゴキゲン中飛車対超速では、三浦九段が新手を出して 徐々にリードを広げたと思われましたが、久保九段が粘りに粘る。銀3枚で囲いを再生、先手よしとされていましたが ま…

第72期A級順位戦最終局・第9譜 佐藤九段、渡辺二冠を制す。

▲佐藤-△渡辺は、佐藤九段優勢で最終盤へ。それでも渡辺二冠が佐藤九段に幾重もの頓死筋をみせて迫る。しかし、佐藤九段はこれをかいくぐり、安全圏へ。 105手で渡辺二冠が投了し、佐藤九段が勝ちました。佐藤九段、渡辺二冠はともに5勝4敗。 勝ち越して今…

第72期A順位戦最終局・第8譜 谷川九段、最終局を勝利で飾る。

▲深浦-△谷川は、132手までで谷川九段の勝ち。深浦九段が最終盤で粘りましたが、 谷川九段が際どく受けて、 後手玉が上部に逃げだせる形を作りました。降級が決まっていた谷川九段、 最終局を勝ち、今期A級順位戦を2勝7敗で終えました。

第72期A級順位戦最終局・第7譜 羽生三冠、8勝1敗で名人挑戦。

角換わり腰掛銀となっていた▲郷田九段-△羽生三冠戦。先手の郷田九段が中盤で指しやすそうにみえましたが、 羽生三冠が後手陣を切り崩し、郷田九段を即詰みに討ち取りました。 以下、▲7九同玉△6九飛で詰んでいるとのこと。挑戦を決めていた羽生三冠は8勝…

第72期A級順位戦最終局・第6譜 佐藤九段が優勢を築く。

2300頃の局面。 ▲佐藤九段-△渡辺二冠は難解な序盤戦から、 渡辺二冠の角交換四間飛車という激レア展開となりましたが中盤のねじりあいを抜け出して、 佐藤康光九段が優勢を築いた模様です。

第72期A級順位戦最終局・第5譜 深浦九段のくいつき。

角道オープン型四間飛車で始まった▲深浦九段-△谷川九段の一戦は、 終盤谷川九段が大きくリードを奪ったようにみえましたが 深浦九段が後手陣に食いついて、難解な最終盤となっています。2300頃の状況、悩ましい歩。 激戦になっています。

第72期A級順位戦最終局・第4譜 22時30分頃の形勢。

ニコニコ生放送より 2230の局面

第72期A級順位戦最終局・第3譜 21時40分・22時00分頃の形勢。

ニコニコ生放送より 2140頃形勢判断 2200頃の形勢判断

第72期A級順位戦最終局・第2譜 戦形まとめ。

09時20分の状況 A級順位戦最終戦 0920の状況 羽生ー郷田 角換わり 佐藤ー渡辺 康光ワールド 深浦ー谷川 角道op四間飛車 行方ー屋敷 横歩取り△84飛 三浦ー久保 後手中飛車 ワールド半端ない、というか矢倉がないのが今年度を象徴してる気がする。— 谷川二森 (…

第72期A級順位戦最終局・第1譜 屋敷九段、降級決定す。

第72期A級順位戦は、3/7、静岡県静岡市で5局一斉対局。この「一番長い日」、最初に対局が終了したのは ▲行方八段(5勝3敗)-△屋敷九段(3勝5敗)戦でした。横歩取り△8四飛から後手飛車ぶつけと進み、 激しい変化の末に、73手で屋敷九段が投了。この…

「藤井矢倉」激増の理由 速攻矢倉の現在地。

2/27の第62期王座戦二次予選、藤井猛九段-北浜健介八段では 藤井九段がいわゆる「藤井矢倉」を採用、 打ち歩詰めの筋で後手の攻めを切らすという大熱戦の末、藤井九段が勝ちました。この事態に序盤クラスタ(の一部)が何やらざわついています。 もしかする…

「ゴキゲン中飛車超急戦」の最前線 都成新手を巡る攻防。

第39期棋王戦は、2/22、第2局が行われました。 あの渡辺棋王がゴキゲン中飛車を公式戦で3連採し、 対する三浦九段が超急戦を打診、渡辺棋王が受けて立つという展開で、「振ったああああああああ」 「超急戦だあああああああ」 などと一部で歓声が上がった…

第63期王将戦第3局 渡辺明王将-羽生善治三冠 魔術の条件。

なにやらご無沙汰しております。 今後も時折現れたり消えたりしますが、すみません。いまさらですが、王将戦第3局について。シリーズ中盤戦となる第63期王将戦第3局。 ただし渡辺王将の連勝で迎えているため 一気に終盤戦突入の可能性も秘めている、そんな…

第63期王将戦第2局 羽生善治三冠-渡辺明王将 対角線上の明と暗。

渡辺王将の先勝で始まった第63期王将戦は第2局。 1/23・24、栃木県大田原市「ホテル花月」で行われました。第1局は、渡辺王将が先手番で矢倉最新形を制しています。 第2局の先手は羽生三冠。 「番勝負の常道は先手番必勝」との言が 羽生、渡辺の両者に通…

第44期新人王戦記念対局 都成竜馬新人王-羽生善治三冠 神速のエアリアル。

新人王戦のエクストラステージとして恒例となっている 新人王とタイトル保持者による記念対局。 本年度は、奨励会三段として初めて新人王戦を制した都成竜馬新人王と 羽生善治王位・王座・棋聖の対局が組まれました。そしてこれがもの凄い将棋だったので、紹…

第63期王将戦第1局 渡辺明王将-羽生善治三冠 定跡の先の地平。

遅ればせながら。第63期王将戦は1/12・13、静岡県掛川市で開催。 前期初の王将位に就いた渡辺王将に、 王将リーグを無傷で駆け抜けた羽生三冠が挑む。年が改まって初めてのタイトル戦。今年最初の羽生-渡辺戦というだけでなく 二人の対戦成績が26勝26敗と、…

第39期棋王戦挑決第2局 永瀬拓矢六段-三浦弘行九段 自陣角のゆくえ。

王将戦第1局も始まっていますが、棋王戦挑決について。1/7は対局初めの日。 その日に大一番、棋王戦挑戦者決定戦第2局が組まれました。 三浦九段と永瀬六段、通算三度目の対局。 変則二番勝負のため、この局を制したほうが挑戦者となります。すでに、本棋…

羽生三冠の冬休み ~ポーランド・チェス大会インタビュー~。

羽生善治王位・王座・棋聖は、この年末年始、 ポーランドのチェス大会(XXIV International Chess Festival Cracovia 2013)に 参加していらっしゃった。結果については、様々な方がツイッター等で触れられていますが とりわけ日本のトップチェスプレイヤー…

「2014箱根駅伝」復路雑感 「その1秒を削り出せ」。

90回目の継走、箱根駅伝は復路。結果から書くと、東洋が完璧なレースで 往路・復路・総合優勝の完全優勝でした。復路に大エース窪田を置き、逆転を狙った駒澤をむしろ引き離し 復路新記録の継走で4度目の総合優勝に花をそえました。

「2014箱根駅伝」 往路雑感。

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。と、新年最初の記事が箱根駅伝ですが、 昨年も書きましたし、仕方ないっすね。駒澤、東洋の2強に 日体大、早稲田がどこまで迫れるかとされていた本戦ですが 穏やかな天候に恵まれ、上位陣は…

電王戦リベンジマッチ 船江恒平五段-ツツカナ とりあえず棋譜。

第2回電王戦第3局の棋譜が大量に誤ヒットしているので。2013年の大晦日、12/31に行われた電王戦リベンジマッチ、 船江恒平五段-ツツカナの棋譜を、とりあえずアップしておきます。※ フラ盤の活用法はこちらを参考に。

第39期棋王戦挑決第1局 永瀬拓矢六段-三浦弘行九段 瞬間の深度。

今年の棋譜は今年のうちに(嘘あいさつ)というわけで、まずは 12/24に行われた棋王戦挑決2番勝負第1局を作っておきます。 今期挑戦者決定戦は、本戦トーナメントを勝ち上がった三浦九段と、 敗者復活戦を勝ち上がった永瀬六段の対決となりました。棋王戦…

第39期棋王戦挑決T 永瀬拓矢六段-羽生善治三冠 古き定跡、再び王を討つ。

年末の忙しさにかまけて、更新ペースが凄まじく落ちております。 にもかかわらず、一定のヒットがあるようで申し訳なく思っております。 ブログ更新情報等は、右にある私のツイッターアカウント(@twinforest)、 または「棒銀くん(一般ブログ)」などを通…

ただいま更新が滞っております。

お世話になっております。谷川です。 竜王戦第5局からすでに1週間以上が経過しているところですが ブログが更新される目処が立たないので、簡単にご報告を。 ※画像は特に意味なし。簡単に言えば、リアル戦記(クソゲー)について 11月末の月末進行からその…

【速報版】第26期竜王戦第4局 渡辺明竜王-森内俊之名人。

ちゃんとしたのは後で書きます。多分。75て目まで進んだ第4局1日目の展開を受けて、 2日目は早期決着なのではないか、という空気があったのは事実です。 1日目の局面で、棋士の多くは先手持ち。この日のニコ生は1年ぶりに羽生三冠が解説で登場するが 昨…

第26期竜王戦第4局1日目 渡辺明竜王-森内俊之名人【相矢倉】。

第26期竜王戦 【第1局①/②】【第2局①/②】【第3局①/②】第26期竜王戦は、11/21・22、 渡辺竜王の1勝2敗で迎えた第4局。 その1日目を、簡単に。香川県での開催、なんと結婚式場ということで 検分当日から盛り上がっていたのですが、 そんなほのぼのムード…

第39期棋王戦挑決T 羽生善治三冠-永瀬拓矢六段 電撃のファーストコンタクト。

ちょっと前の対局ですが、簡単に。11/15に行われた棋王戦挑決T四強戦から 羽生三冠-永瀬六段戦を紹介します。対局当日にはカバーできず、後になって確認したのですが 非常に鮮やかな速攻が決まった、 横歩の研究最前線の熾烈さを思わせる棋譜だったので。…

第72期順位戦B級1組9回戦 広瀬章人七段-豊島将之七段 俊英たちの籠城戦。

11/14は順位戦B1・B2一斉対局。数あるカードの中で最も注目度が高かったのは、 この俊英対決だったのではないでしょうか。鬼の棲家B1で唯一の20代激突カード。 しかも本局まで6-1でトップを走る広瀬七段と 6-2で暫定2位につける豊島七段の直接…

第26期竜王戦第3局 森内俊之名人-渡辺明竜王 無筋からの刃。

第26期竜王戦 【第1局①/②】【第2局①/②】【第3局①/②】11/7・8に行われた第26期竜王戦第3局は2日目。 1日目は香損で馬を作られることを承知の上で玉形を整備し、 先手陣が整う前に攻めきってしまうことを目指す渡辺竜王に 堂々と受けて立つ構えの森内名…

電王トーナメント 棋譜まとめ(β)

まだフラ盤の画像も含めてテスト用。 電王トーナメントに関してはCSA譜が公開されているのですが 流石に見づらいので個人メモ用に プレイヤー(フラ盤)に出力していく予定です。というか背景画像の収まりがいまいちだ。 とりあえず決勝・準決勝だけですが、…

第26期竜王戦第3局第1日 森内俊之名人-渡辺明竜王【急戦矢倉】。

第26期竜王戦 【第1局①/②】【第2局①/②】【第3局①/②】11/7・8は第26期竜王戦第3局。 今期竜王戦は、竜王と名人による頂上決戦となっていますが その名にたがわず、大熱戦となりました。やはり1日目、2日目にわけて書いていきます。森内名人の2勝で迎え…

第26期竜王戦第2局 渡辺明竜王-森内俊之名人 竜王の挑戦、名人の覚悟。

第26期竜王戦 【第1局①/②】【第2局①/②】【第3局①/②】この記事を書いている段階(11/7)では、 もう竜王戦第3局が始まっています。やばい。というわけで、竜王戦第2局2日目について。 1日目の展開はこちら。急戦矢倉から先手が激しい変化を選択。 角で…

第26期竜王戦第2局1日目 渡辺明竜王-森内俊之名人【急戦矢倉】。

第26期竜王戦 【第1局①/②】【第2局①/②】【第3局①/②】やたらに長いので、 1日目と2日目のエントリを分けることにしました。竜王に挑むは名人。竜名戦となっている 第26期竜王戦は10/28・29、第2局が開催。第1局は、後手の渡辺竜王が急戦矢倉を仕掛けた…

月末進行+わけがわからないよ特集。

言い訳のコーナー。 画像は特に意味はない。ないがキュンさん。恒例の月末進行により、更新がえらい滞ります。 ほんとうにハンパないっす。 そのわりにつぶやく量が増えている気がするが。 すみませんがよろしくお願いします。以下、どうでもいいおまけなの…

第61期王座戦第5局 羽生善治王座-中村太地六段 最後の花火。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】 【第4局】【第5局】【挑戦者決定戦】ごくごくかいつまんで。ちゃんとしたのは水曜日あたりに。 (と思っていたんですが、飲み会が入ってしまったのでどうなるかしら)第61期王座戦は、10/21、第5局。決着局…

なぜか朝日新聞夕刊に「第61期王座戦」の記事が載ってた。

第61期王座戦 【第1局】【第2局】【第3局】【第4局】【挑戦者決定戦】この時点ですでに名シリーズと言われている第61期王座戦は 明日、10/21が決着局・第5局。ここまで2勝2敗1千日手。 ニコニコPVにある「歴史のない、未来はない。」にふさわしい …

第26期竜王戦第1局 森内俊之名人-渡辺明竜王 厚く、深く、強く。

「十連覇か、竜王名人か」 第26期竜王戦は、最高峰の戦い。